みつひかりの日記

好きなものを気ままに…♪

〈感想〉文豪ストレイドッグス外伝 綾辻行人VS.京極夏彦

文豪ストレイドッグス(文スト)は、最近やっとハマったコンテンツなのです。もちろん知ってはいたんだけどね、私はいつもいつも、流行に乗りおくれるのです。たぶん文ストがはやったその頃は、何か別のものにハマっていたと思われる…。

最近、「カードキャプターさくら」の新装版が出ているので、これは新品の状態で買わないといけないと思い本屋に行き、角川コーナーを見ていたら、これを発見。

......え、綾辻行人!?

京極夏彦!?

辻村深月もいる!?

なんで昔の文豪じゃなくて現役の作家さんが!?

と思い、衝動買い。一夜で読んだ。いや~買ってよかった(^○^)! 

 

文豪ストレイドッグス外伝 綾辻行人VS.京極夏彦

作者:朝霧カフカ

 

ネタバレしすぎない程度の感想にしようと思っておりますが、ご興味がない方はスルー 願います。

ではスタート!!

 

 

***************

 

***************

 

***************

 

綾辻さんや京極さんの本が好きな人には、ライトすぎる小説です。重厚で密度濃いものをお求めの方には、軽すぎると思われ…。たまに専門っぽい箇所もでてくるけど、軽く飛ばしてもストーリーは追っていけると思う。

あ~あとね、正直な話、「あ~、なんかこの人が最終的な犯人なんだろうな…」というのが、その人が登場したあたりでなぜか読めてしまいました。

 

だって…、(ネタバレ!念のため反転しています。)不自然だもん…、常に革手袋をしているのもだし、この人の独白みたいのがちょいちょいあって、なんか怪しい雰囲気漂わせていたもん…。でもまさか、この人が技師本人だとは思わなかった…。手に何かあるとは思っていたけど…。

 

あと…、(若干ネタバレ?)綾辻」さんの相棒が「辻村」さんなのも、名前に縁があっていいなっと思っていたら、まさかオチにそんな話があるなんて…。そんなんで良かったのかな、京極さん。

 

あとね、「久保」、「匣」、「憑き物落とし」という言葉が出てくるたびに、にやにやしてしまったのは、私だけではないはず。綾辻さんより、京極さんファンです。

あとねあとね!小説よりも、表紙・挿絵イラストがぐっときました。特に京極さん!渋いね!いいね! 

文豪をキャラクター(しかもイケメン)化して、彼らの特徴や作品名が必殺技になるなんて……中二病感満載で大好き★★なんとなく、電撃文庫の「Missing」(甲田学人:著)を思い出すのです。

 

~~脱線~~~

Missing」、めちゃくちゃ好きだったんです。

いつか「Missing」の記事も書こうかな~♪

Missing 神隠しの物語 (電撃文庫)

Missing 神隠しの物語 (電撃文庫)

 

思春期の大事な時期に、こんな暗くて黒くてダークで中二病ラノベを読んでしまったのがきっかけで、私はオタになったような気がします。好きなキャラは〈魔女〉こと詠子ちゃん!サイコ―にクレイジーで可愛い女の子です。

 

たしか、初めて読んだラノベは「キノの旅」、 

キノの旅―The beautiful world (電撃文庫 (0461))

キノの旅―The beautiful world (電撃文庫 (0461))

 

 

次に「レヴィローズの指輪」、

レヴィローズの指輪 (コバルト文庫)

レヴィローズの指輪 (コバルト文庫)

 

 

まるマ」シリーズ、(今日からマのつく自由業!今日からマ王

今日からマのつく自由業! (角川ビーンズ文庫)

今日からマのつく自由業! (角川ビーンズ文庫)

 

 

で、「Missing」だった覚えが…。中学校の学校図書館にあったのです。

そういえば、ふと思い出したけど…、その中学校でラノベに出会い、借りた本を学校で読んでいたら、同じクラスの友達(女子)2人から、

「なんでそれ読んでいるの?」と、なぜかキレ気味で言われた。

「え、読んじゃいけなかったの?」と内心思い、その時なんて答えたか忘れたけど、あの感じ、今思えば、

「マニアックな世界を知っているのは私たちだけなのになんであんたが入ってきてるんよ(+o+)」

ていう感じだった気がする…。

いわゆる、サブカル女子ですかねっ!

 

 

さてさて文ストですが、なんだかハマってしまいそうな予感です。←ハマるのは本当に遅すぎるんだけどね。うたプリとかにも今になってハマっているし。私ホントにマイペース~♪